<< 箱根・「富士屋ホテル」と田むら「銀かつ亭」 | main | 山中湖の遅い春   >>

2008年  早春の土筆  土筆〔つくし〕の卵とじ





         関が原合戦跡地近くで。

山菜好きなので、毎年つくしを採りに行くことが春の楽しみの一つです。
今年はいつもよりたくさん採る事ができました。
つくしは胞子を散らす前の若いものを採ります。



山菜〔たらの芽やふきのとうなど〕には、ほんのりにがみがあつて、子供のころは美味しいとは思いませんでしたが、年齢とともに好きになりました。








        土筆〔つくし〕の卵とじ

いつもは一人で取っていましたが、珍しく主人が末娘とつくしのはかまをとってくれました。
私は夕飯の支度をしながら、婚約をして、7月からオペラの勉強のためアメリカに留学する娘との最後の共同作業になるのではと思うと、寂しい思いと、親も自立しなければという思いでした。


春が訪れると、「母が作ってくれたつくし美味しかったなーって」思い出してくれるといいのですが。


親が子供にしてあげられる事の一つに、「美味しい食事を作ってあげること」は、
以前は当たり前のように日々繰り返されてきたことが、今は家族で全員そろって食事をすることも難しく、子供たちはどんなときに母親の愛情を感じるのでしょうか。


母が作ってくれた、手作りの「かりんとう」やキャラメル。
母と作った料理の思い出は、高価な宝石をプレゼントされるよりも、大切なものだったと
今気づかされています。


子供には、自分の食べるものは、自分で作ることができるように育てることも母親の役目
かもしれませんね。
まずは、自分が料理を作ることが好きになることから始めれば、子供はその姿を見て、
楽しそうな母親の姿を見て、好きになっていってくれるような気がします。



つくしの卵とじの作り方
1・つくしのはかまをとる。
2・熱湯に塩少々を入れて、1〜2分ゆでる。
3・ゆでたつくしを水に一時間ほどさらす。
4・好みでお醤油とお砂糖で味付けして、卵でとじる。
JUGEMテーマ:グルメ



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
料理レシピ紹介サイト: つくし(土筆)ツクシ ブログでCookin
「つくし(土筆)ツクシ」料理レシピで、献立の参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルなレシピのブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
  • 料理レシピ集(投稿募集中)byブログでCookin!
  • 2008/04/27 8:49 AM
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
人気ブログコンテスト
人気blogランキングへ ←ここをクリックして応援してくださると嬉しいです。
ファイブスタイル ブログランキング 
ファイブスタイル ブログランキング←こちらもよろしくお願いします。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM