<< 京都 現代美術館  没後20年 ロベール・ドアノーのパリ+坪庭 | main | コスメ Aesop/イソップ京都河原町店   アートな写真が飾られていました。 >>

京都  北京料理 東華菜館

JUGEMテーマ:写真
JUGEMテーマ:旅行
JUGEMテーマ:グルメ
JUGEMテーマ:アート・デザイン





京都を訪ねると一度はこの鴨川にかかっている大橋を渡ります。
京都に来たことを実感する場所です。




鴨川大橋のたもとにある南座




南座の反対側にこんな古い洋館の建物が建っています。
京都らしくないのですが、歴史ある京都にふさわしい
建造物です。
 




北京料理の東華菜館  大正15年に建てられたました。
現在も維持管理されて現役で頑張っています。

アメリカの建築家 ヴォーリズの設計
学校や教会の建築が多い中で、レストランの建築は珍しいですね。





京都には「ホテル長楽館」や「駒井家住宅」など建築家が設計した
建物が維持管理され残されています。





玄関のファサード
この写真ではわかりづらいのですが、「海の幸と山の幸」
の見事な彫刻を見ることができます。
この建物の前を通る機会があると
じっくりと眺めています。
早く早くとせかされますが・・・・・





この重厚なドアを開けてレストランへ





今回はゆっくりと食事をしている時間はありませんでしたが、
店内に入るとすでに異国のような空間で、
以前訪ねたときは 日本最古と言わているエレベーターに
乗り込んだ時は、さすがに歴史を感じました。
途中でストップしたらと心配しましたが・・・
大丈夫でした。

モダンなレストランも増えてきた京都ですが、こんな歴史ある空間での
食事も贅沢です。
もちろん味も本物でした。
この玄関のファサードを見るだけでも価値のある建物です。

 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
人気ブログコンテスト
人気blogランキングへ ←ここをクリックして応援してくださると嬉しいです。
ファイブスタイル ブログランキング 
ファイブスタイル ブログランキング←こちらもよろしくお願いします。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM