京都  建築家のための本屋さん    大喜書店

JUGEMテーマ:アート・デザイン
JUGEMテーマ:写真
JUGEMテーマ:読書




 京都のよく訪ねる本屋さんは「恵文社」ですが、
今回はこの本屋さんを訪ねました。








同じビルには、「うつわ 京都 やまほん」のギャラリーが入っています。
ちょうどお休みの日で残念でした。





本屋さんが紹介している本
読んでみたい本がありました。





料理の本とバルサミコ
おいしい料理を引き立てるものが集められていました。
料理を作ることも、自分らしい家や部屋を作ることも原点は同じだと思っています。
こんな本屋さんがあるのも京都ですね。





厳選された本が並んでいました。





訪ねたのが2014年の11月だったので、
「ボジョレーと料理本特集」のチラシが張られていました。
カフェでもやってみたい内容です。
カフェでは2013年11月に修道院の「最古のワインの会」をしたことがありますが、
ワインを飲みながら、写真のセンスもいい「ワインにあう」料理本の紹介もいいですね。
きっといつか・・・・・






本は私にとってなくてはならないものの一つです。
疲れていても本屋さんへ行くと治ります。
本からもたくさんのインスピレーションをもらいますし、旅行に行けない時は行ってみたい国や
街の本を眺めて、一瞬ですが旅をします。
村上春樹の本「遠い太鼓」は何度も読み返している本です。
彼と一緒に旅をしているようなそんな気持ちにさせてくれる本です。

電子書籍が増えていますが、本のページをそっとめくる行為や本の紙の匂い
紙質など、本の魅力は尽きません。
本が捨てられないのでふえるばかりです。
昔読んだ本をまた読んだりするので、やっぱり本は捨てられません。





すでに購入している本もかなり並んでいました。
同じ感覚で選ばれた本が集まっている本屋さんは貴重です。
普段はたくさんある中から見つけなければならないので、
苦労しています。
こんな本屋さんが近くにあるといいですが・・・・




      「これが、現代の花伝書」

今回はフラワーアーティストの「東信・あずままこと」さんの
本を購入


「東信」の画像検索結果




日本の華道とは対極にある花のアレンジですが、
彼の毒を感じる色使いがいいですね。
微妙な花のトーンが見事に生かされています。




気が遠くなるほど、同じ繰り返しの作業をしなければ
作れないアレンジです。
自然の色のみで、これだけのアート作品を作る
のはさすがです。






けっして広い空間ではありませんが、読んでみたい本ばかりでした。
京都に行くとまた寄りたい場所ができました。

 京都    HACOBU KITCHEN  

JUGEMテーマ:アート・デザイン
JUGEMテーマ:グルメ

 


京都は名古屋から近いので、ほとんどが日帰りです。
今回は建築家のための書店があると聞いて
[大喜書店」を訪ねました。
お腹がすいたのでまずは同じビルの1階にあるキッチンへ




HACOBU KITCHEN







多肉植物と熱帯地方のような植物たちが迎えてくれました。







天井にあった照明のデザインがいいですね。
器も照明もなぜかこのデザインに魅かれます。
玄関などのエントランスに「外灯」として飾ってもおしゃれですね。





こちらは鉄の籠のようにも見えます。
植物とからませてアートな感じです。







地下への階段
時折イベントなどが行われているようです。
京都のモダンを感じる建物でした。




この彫刻が今も目に残っています。
壺の色ともあっていて美しいコーディネートです。







京都はやはり「おばんざい」や「料亭」の料理が有名ですが、
なぜかいつも食べるのは韓国料理だったり、中国料理、フランス・アルザスの料理など、
京都らしいものを食べるのは少ないかもしれません。

外食では野菜のものがあまり食べられないので、
野菜がたくさん使われているこんなお店があるとほっとします。

 神戸   光の彫刻 ルミナリエ

JUGEMテーマ:旅行
JUGEMテーマ:アート・デザイン

 



神戸の ルミナリエは以前
海側で行われているときに見ています。
今回は娘たちと街中で行われている
ルミナリエを見るために神戸へ




歩いていて見つけた書庫バー
雰囲気のある看板ですね。
ロゴもいい感じです。
一度訪ねてみようと思います。




物々しい警察官と車線規制などがあって、近づくのが心配でしたが、
なんとこんなにたくさんの人が並んでいるとは?
一瞬驚きましたが、たしかに日本中からだったら、これくらい人が集まっていても
当然かもしれませんね。

並ぶのは苦手ですが、せっかく来たので、
頑張って並びました。




家族や友人、恋人たちも。
もちろんお一人の方も。
一人だからやめようなんて思わないで、
見たいものがあったら、みんなと一緒に見るのも楽しいものです。

人生は長いようで、短いです。
後悔のない人生にしたいと思って
毎日を一生懸命暮らしています。

もちろん友人を誘って出かけるのも楽しいのですが・・・・・

映画も旅もショッピングも以前は一人でした。
もちろんカフェも食事も。

一人で行動できることと、みんなで行動することは、
どちらも必要なことのように思います。





やっと見えてきました。
彫刻のような幻想的な光が。




暗い夜に浮かび上がってより美しい光に。




この「光の彫刻」を抜けるとまた宮殿のような光が見えてきました。





人混みの中でやっとたどり着いて、
写真も撮らなければいけないし、ゆっくりと観たいし
中々思うようにはいきませんね。









全く知らないたくさんの人たちと感動を分け合うのもいいものですね。




いくつになっても感動できることがうれしい。
好奇心や感動がなくなってしまったらと思うと、悲しい。
このまま好奇心の固まりで生きていけるといいのですが・・・・
 

神戸   カリグラフィーのクリスマスオーナメント+トリトンカフェ

JUGEMテーマ:インテリア雑貨
JUGEMテーマ:アート・デザイン
JUGEMテーマ:グルメ




トリトンカフェで行われていた
カリグラフィーの催し物へ


カリグラフィ−は西洋や中東などの文字を美しく見せるための手法
活版印刷の発明後、様々な「フォント」のデザインに影響を与えました。




神戸に行く用事があると時々訪ねるカフェです。





今回はカフェはしませんでしたが、このカフェの温かい雰囲気がいいですね。
雑貨も少しですが置いてあって、それを見るのも楽しみです。





文字がカリグラフィーで描かれた「クリスマスオーナメント」を買いました。





こげ茶色の木に白のカリグラフィーが美しいものです。
今年はツリーではなく、クリスマスは壁にスワッグを飾りました。
そのスワッグに飾りました。






トリトンカフェの前にあるショップ
グルニエへ
何度訪ねてもワクワクする好きな空間です。
このお店で陶芸家・安部太一さんの作品にも、
バッグのデザイナー「クリスチャン・ポー」にも巡り会いました。




歩いていて見つけたブライダルショップ



最近はおしゃれなブライダルドレスのお店が増えましたね。
自分自身も結婚式のドレスは名古屋には気に入ったものがなく、
(あまりにも昔なので、今なら素敵なドレスのお店が名古屋にもあります)
東京の渋谷にあるドレスショップまで出かけたことを思い出しました。


こんなドレスが末娘に似合うかもしれない
なんて、最近はふと思ったりしますが、本人は当分、
「歌の世界」で頑張ってみたいとのことで、中々ドレス姿は見れそうにも
ありません。

 

神戸バーニーズNY   マイケルアラムのカトラリー+ミリアム・ハスケルのパール  

JUGEMテーマ:アート・デザイン
JUGEMテーマ:ファッション
JUGEMテーマ:インテリア雑貨



 
          神戸のバーニーズNYのクリスマスディスプレイ

東京に行く機会があると銀座にあるバーニーズNYにも寄ります。
毎年楽しみにしているクリスマスのためのディスプレイ

NY本店のディスプレイもさすがアメリカNYです。
今回は神戸のバーニーズNYを訪ねてみました。





 

2階への階段のクリスマスデコレーション



壁に描かれた線だけのモダンな絵も空間にあっていました。。




末娘お気に入りのキャンドル  フォルナ・セッティの作品
プレートは教室でも使うことがあります。

 


パリ4区でみつけたショップのディスプレイは今も目に残っています。
一度見たら忘れられない女の人の顔が印象的です。





白の磁器の器はNYのデザイナー ジョン・デリアンの作品
男性の髭と女性の口元のデザイン
こちらも末娘が気に入っているデザイナーで、
ソルト&ペッパーを持っています。
少しづつ気に入った作品を買いそろえているようです。




ミリアム・ハスケルのパール
白のロゴのデザインとパールの微妙に違う色
品が良く美しい彼女らしいデザインです。
パールは好きなジュエリーで時々ですが、ロングのものを使います。
いつか又NYに行く機会が巡ってきたら、彼女のパールに会いに行きます。


コスチュームジュエリーの第一人者としてその名を馳せ、ファッション界や社交界でも不動の人気を誇っていたデザイナー、ミリアム・ハスケル(Miriam Haskell)。ガラスパールやバロックパールを使って作り出すエレガントでクラシカルなコスチュームジュエリーが、雑誌『ヴォーグ』などの表紙を飾り、話題となりました。

最近はDMのデザインもしているので、美しい文字のデザインを見るとうっとりとします。
ロゴのデザインも気になるものの一つです。






 NYのデザイナー マイケルアラムの作品
自然の枝をデザインした彫刻のようなカトラリー

彼の作品ではありませんが、この枝のデザインのケーキ用のスプーンとナイフを使っています。
自然のモチーフは好きなデザインです。

Michael Aram(マイケルアラム)
彼の画家としての経験、彫刻家、美術史家としての背景がナチュラルでデコラティブなデザインの源とになっています。
自然や伝統的な神話や物語なども織り込まれ様々なデザインがあります。
http://www.michaelaram.com/

 

神戸のカフェ   旧神戸居留地十五番館へ

 
JUGEMテーマ:アート・デザイン
JUGEMテーマ:グルメ
JUGEMテーマ:旅行
JUGEMテーマ:写真






               旧神戸居留地十五番館



シンプルなツリーが飾られていました。
この建物をより美しく見せるグリーンです。






 この十五番館の中にあるカフェへ
カフェの看板
モノクロでおしゃれですね。

 



針葉樹と自然の実もののリースが飾られていました。
奇抜ではない静かなリースのデザインが好みです。




 TOOTH TOOTH
 maison 15th
COLONIAL TEA ROOM

神戸の何件ものカフェを訪ねていますが、
このカフェは初めてです。





窓からは外灯が見えて、通り過ぎる人を眺めながら・・・・




暖炉のある空間
どんな人たちがこの暖炉の燃える火をみつめていたのでしょうか?




天井の高さと白い壁
日本にいることを忘れそうです。





スタンドの光の使い方とモノクロの写真
インテリアの参考になりますね。





飾られていた
フォトグラファー  大野純一さんの写真
黒枠の額縁ともぴたりときまっていました。





偽物ではない空間には、
偽物を置いて欲しくないと常々
思っています。





この写真がCDのジャケットに使われた
CDを持っています。
モノクロのアートな写真が印象的です。




テーブルにはTの文字が。



一人ずつ違う味のケーキをお願いしました。
食べ過ぎは禁物ですが・・・・



鏡に映り込む景色もインテリアの一部ですね。



ドアの窓に施された装飾も見事でした。



ゆっくりしていたら辺りはもう暗くなって、
外灯がついた雰囲気もいいですね。




夕方の6時から点灯するクリスマスのためのイルミネーション
神戸「ルミナリエ」を見るために今回は神戸を訪ねました。
海側でのイルミネーションは一度見ていますが、
今回行われたメインストリートでのイルミネーションは初めてです。

 神戸のシルバージュエリーのショップ   クロムハーツ+クリスマスリース

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 


アメリカNYに本店があるジュエリーの路面店





クッキーのオーナメントがおしゃれですね。
カフェにも天使のオーナメントを作って飾りたかったのですが・・・
来年は作ってみたいものです。



末娘はこのショップのピアスが気に入っていて
少しづつですが買い求めています。



本来はピアスはかぶれやすいものですが、
やはり本物の銀のせいか、まったくかぶれがありません。
それも気に入っている理由です。







神戸のメイン通りにはデザイナーのショップが並んでいます。



このモノクロの写真とロゴの使い方はさすがです。
赤の服の色が美しく見えます。







このドアはいつ見ても美しい
雷門と〇の彫刻のバランスが見事です。



廻りはすべて壁紙でゴージャスな演出がされていました。



デザイナー コムデ・ギャルソンのショップでした。





宮殿に招かれたような雰囲気を作り出していました。



いつも履いている黒の靴は実はコムデ・ギャルソンの靴です。
男っぽいかっちりとした靴ですが大切にしています。
毎日同じ靴をできるだけ履かないようにはしていますが・・・・

気に入っていると履いてしまうのが悪い癖です。

京都府  アサヒビール大山崎山荘へ    ルーシー・リー と民芸の作家たち展へ

JUGEMテーマ:アート・デザイン
JUGEMテーマ:旅行




大山崎山荘は実は何度もたずねている場所です。
駅のすぐ近くには千利休の茶室 国宝「待庵・たいあん」があります。 



お茶を少しだけ習っていた者にとって、
神様のような人ですが、
歳を重ねるとともに、侘びや寂びの意味が
少しですがわかるようになってきました。






朝のテレビを見ることが無いので、実は詳しいことはわかりませんが、
アサヒビールとニッカウイスキー
実はこの2つの名前にはこの上の二人の人生が大きくかかわっています。






近くにあったギャラリーのような建物
看板の文字からもオーラ―のようなものを感じます。
一度訪ねてみようと思っています。





紅葉には少し早い時期でしたが・・・・
空が広くて気持ちがいい季節でした。




すでに色づいているものもありました。



のんびりと歩くのも久しぶりです。
 


竹林のまっすぐな線と竹林に差し込む光
いつも心和む自然が与えてくれるうつくしい景色です。



このトンネルを抜けると大山崎山荘です。



門が見えてきました。
昔はこの門を馬車や日本では珍しい庶民は乗ることができなかった
車が通りぬけていたのでしょうね。




門にあった外灯のデザインも珍しいものでした。



山荘のエントランスへ



何度訪ねてもドキドキワクワクします。



室内の写真は撮れませんが、本物の材料で本物の職人の仕事が施されています。



      花器 

展示作品の写真は難しいのですが、多くの陶芸家に影響を与えた
イギリスの陶芸家・ルーシー・リーの作品です。



2階のベランダにあるバーナード・リーチのタイル画も必見です。



こちらは浜田庄司のタイル画
2人の特徴がよく表われています。




ベランダからの景色
少しだけでしたが紅葉していました。



花を飾ったりしていたのでしょうか?
ベランダで見つけた石膏の台座?



このベランダにある椅子に座って景色を眺めながら
紅茶もいいものです。
ここで一休みするのも楽しみで出かけます。

アルプスの山荘のような木組の建物からは西洋のデザインを
取り込んで、日本独自のデザインを作り上げてきた多くの日本人建築家や職人の姿が
目に浮かびます。



増築された建築家・安藤忠雄の設計の美術館があります。





この廊下のような通路を通って
別空間へ
こちらはモダン建築です。



美術館へ



エントランスにいた鳥のオブジェ

美術館を観てから山荘に戻って
アーチのあるベランダから庭を眺めていると。








なんだか珍しい建物が・・・・白雲楼でした。



左側に見えるのが「新しい羊たち」
今年は羊年  ひつじは群れを作りおとなしい性格と言われています。
新しい年が何事もなく、静かな1年でありますように・・・・・



焼き締めの大壺
壺の蓋の黒の色と壺の表面に現れたまだらな景色が美しい壺




このドアの装飾も丁寧な仕事がされていました。
山荘の風格をこの扉の装飾も作りだしているようにみえました。
 

芦屋にある 「むら玄」でお蕎麦 +ジャック・デコの流木で作られたサンタさん

JUGEMテーマ:旅行
JUGEMテーマ:グルメ
JUGEMテーマ:アート・デザイン

ヨドコウの迎賓館(旧山巴家住宅)は、アメリカの天才建築家・フランク ・ロイド・ライト設計の重要文化財
芦屋の緑豊かな小高い丘の上に建っています。
今回も曜日が合わなくて、とうとう訪ねることができませんでした。
いつかきっと訪ねます。



夏に訪ねたことがないのですが、
気持ちがいい山の空気と芦屋川のせせらぎの音がして
芦屋に住んでいたら、きっと頻繁に訪ねていると思います。



一度紹介しているのですが・・・・



  小さな花がやさしい雰囲気の寒桜が迎えてくれました。



芦屋に行くことがあるとこのお蕎麦屋さんでお昼を食べます。



取り皿の焼き締めのお皿
緋襷(ひだすき)の文様のお皿に金継ぎが施されていて、
大切に使われています。



卵巻がおいしい。



ゆずのかおりとゆば



 山を降りて芦屋の駅へ



クリスマスのイルミネーションが飾られていました。



           けばけばしくない自然な色のディスプレイ



   芦屋の駅前にあるお花屋さん
   ジャック・デコへ





スープに使うブーケガル二のようにも見えますが、
クリスマス用の飾りのようでした。



このお店で12月のクリスマスのテーブルに使った流木のサンタさんを見つけました。
ものとの出会いでテーブルのコーディネートのイメージが決まるときもあります。

兵庫県芦屋にあるドイツパンのお店   BIOBROT

JUGEMテーマ:グルメ


2014年の12月8日
7日まで行われていた企画展が終わり、1日だけのお休みでしたが、
どうしても食べてみたいパン屋さんが芦屋にあるので、出かけてみました。
せっかくのお休みなのに休んだらと言われますが、
旅をすることが一番のリフレッシュです。


旅と本と音楽と映画  少しだけおいしい食べ物があれば
少々つらいことがあっても乗り切れます。
本当につらい時はとにかくつらいことを忘れるよう、なにか
他のことを考えられるように努力します。

芦屋までは少々名古屋からありますが、
近くに行くことがあったら是非寄って見てください。
クロワッサンも美味です。


有機玄麦を店内の石臼で自家製扮し
全粒粉100%でパンを焼いています。

これだけこだわっているので
おいしくないわけはないですね。





写真の一番左側の方がオーナーの方だったと思いますが、
違っていたらごめんなさい。
ドイツで修業をされた方なので、どことなく
店内も素朴な感じです。



ヒノキやモミに赤いバラの実と松笠
雪に見立てた白い綿
派手ではないドイツのクリスマスを思い浮かべました。



店内の様子
照明にも針葉樹の木が飾られていました。



棚に並んでいる出来立てのパンをみるのも好きな光景です。
どれもおいしそうで迷いましたが。



アメリカンホーリーといっしょにカフェに飾っていました。
薄くカットして食べます。

クロワッサンとカンパーニュと  クリスマス用シュトレンを購入
明日の朝が楽しみです。



芦屋の駅前のイルミネーション



ディスプレイも自然を意識したものでした。



芦屋まで来ると必ず寄るお花屋さん
ジャック・デコ





なんでもないモミの木を縛っただけのものですが、
こんな奇抜ではない飾り物もいいですね。
スープに使うブーケガルニのようにも見えますが・・・・



このお花屋さんで12月の教室のテーブルコーディネートに使ったサンタさんを見つけました。
 

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
人気ブログコンテスト
人気blogランキングへ ←ここをクリックして応援してくださると嬉しいです。
ファイブスタイル ブログランキング 
ファイブスタイル ブログランキング←こちらもよろしくお願いします。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM